初めてのご挨拶

ご挨拶

はじめまして。ここでは、流体解析コンサルティングファームTotalSim Japanの提供する業務に関する情報、会社に関する情報や私たちの知見やアイディアなどを記事にして、お伝えしていきます。

私たちについて

TotalSim Japanはイギリスに本拠地を置くTotalSimの日本法人として、2015年3月17日にスタートしました。TotalSimは2007年、ホンダF1の数値流体解析(CFD)部門として機能していたAdvantage CFDがホンダのF1撤退を機に独立した流体解析専門のコンサルティングファームで20年近くモータースポーツの空力開発を支えてきました。

TotalSimはコアプロセスに可能な限り独自に改良したOpenFOAM®などのオープンソースを使い、独自の効率的なプロセスを確立することにより、自由度の高い解析環境下で専門家によるコンサルテーションを低コストで提供しています。さらにOpenFOAMのコア開発に積極的に参加することにより、将来の数値流体解析技術にも貢献しています。

近年、国外ではライセンスに捉われないオープンソースへの移行が積極的に行われています。残念ながら日本国内では無保証であったり、計算精度への不安、既存プロセスへの融合性などの理由から、積極的な移行には至っていません。今後開発サイクルにおいて、オープンソースによる性能解析・評価の比重はますます増えると予想されます。低コストで自由度の高い解析環境を提供できるオープンソースを有効活用することはダイレクトに技術力や商品力につながります。私たちは長年モータースポーツで培ってきたオープンソースの使用経験と専門家による知見を提供することで、エンジニアの物づくりをサポートします。

革新的なアイディアが次々と生まれていく競争社会の中、昨日よりも良いものを作り続ける為に私たちは学び続け、革新的なサービスを提供し続ける努力を怠りません。

株式会社 TotalSim Japan
代表取締役 松村 修二